甲状腺がんの治療や手術後、薬などについて

甲状腺腫瘍マーカー記事一覧

甲状腺がん腫瘍マーカーって何?

甲状腺腫瘍マーカーって聞き慣れない言葉ですね…どんな時に使われるんでしょうか?甲状腺腫瘍マーカーの種類には、サイログロブリン・カルシトニン・CEAがあります。今回はそれぞれの腫瘍マーカーの検査項目の意味、数値の見方について詳しくお話していきたいと思います。

≫続きを読む

甲状腺腫瘍マーカーサイログロブリン

甲状腺腫瘍マーカーサイログロブリンって聞き慣れない言葉ですが、甲状腺の病気とどういった関係があるんでしょうか?まず、【サイログロブリン】ですが、甲状腺ホルモンT4になる前の物質です。普通はサイログロブリンは血液中に出ることはありません。しかし、甲状腺癌や甲状腺線種、慢性甲状腺炎など甲状腺に異常がある...

≫続きを読む

甲状腺腫瘍マーカーceaは何の病気で数値が高くなる?

腫瘍マーカーceaは甲状腺疾患を調べる上で参考にされる数値になります。でも、甲状腺のどんな病気でceaが高値になるんでしょうか。また、甲状腺腫瘍マーカーceaの正常基準値はどのぐらいなんでしょうか。

≫続きを読む

甲状腺腫瘍マーカーの数値

癌全般に言えることですが、身体が癌細胞に侵されると、ある血液検査の項目が異常に高い数値を示します。癌の種類により上昇する項目はバラバラですが、甲状腺癌だと、乳頭癌、濾胞がんはサイログロブリンが、髄様癌ですとカルシトニンとCEAが異常に高値となります。では、甲状腺癌かどうかを検査する腫瘍マーカーの数値...

≫続きを読む

甲状腺がん血液検査の腫瘍マーカーはどうやって見ればいい?

他の癌と同様甲状腺癌でも腫瘍マーカーを使い、悪性腫瘍の有無や再発転移がないかどうかのチェックをしています。腫瘍マーカーって何?腫瘍とは身体の中の細胞が突然変異して異常分裂し、しこりになることです。良性と悪性に分けられますが、悪性腫瘍がいわゆる「癌」になります。悪性腫瘍からは特殊な物質が腫瘍から作られ...

≫続きを読む

甲状腺癌が肺に転移した時、サイログロブリンの数値は?

甲状腺癌が再発し、遠隔臓器に転移するとサイログロブリンという数値が上昇します。特に甲状腺を全摘出した人、亜摘出した人の再発チェックにサイログロブリンの数値がよく参考にされます。ではどのぐらいの数値になると、甲状腺癌の再発・転移の判断基準となるのでしょう?

≫続きを読む