甲状腺乳頭癌の手術はどうやるの?

甲状腺乳頭癌の手術方法が知りたい!

 

 

甲状腺乳頭癌の手術方法はどういったものになるんでしょうか。

 

 

今回は私が2011年1月に甲状腺乳頭癌の切除手術を受けた時の

 

体験を交えて乳頭癌のくわしい手術方法をお話していきたいと思います。

甲状腺乳頭癌の手術の種類は?

 

甲状腺はのど仏付近にある小さい蝶々のような器官。

 

 

身体全体の代謝を司る大事な組織です。

 

 

ここに、悪性の腫瘍ができた場合を甲状腺癌と呼びます。

 

 

甲状腺乳頭癌の手術方法の分類ですが、大きくわけて3つの方法になります。

 

 

■葉切除術・・・甲状腺癌と診断された葉を摘出します。

 

甲状腺周辺のリンパ節に癌が存在しないかどうか調べることがあります。

 

 

■甲状腺亜全摘術・・・悪性のしこりが甲状腺の左右全体に認められる場合には

 

甲状腺癌の再発を防ぐために甲状腺を全て摘出します。

 

甲状腺を全摘した人は生涯甲状腺ホルモン薬(チラージンSなど)を服用することになります。

 

 

■リンパ節郭清術:がんに侵されている頸部のリンパ節を摘出します。

 

私の場合、ですが甲状腺の左側に悪性の腫瘍が見つかったため、左葉切除手術となりました。

 

 

また、周辺のリンパ節に転移していましたのでリンパ節も多く切除しました。

 

 

 

リンパ転移と聞くと、恐怖ですが。。。

 

癌で「再発」や「リンパへの転移」って聞くと、恐怖心で絶望的になりませんか?

 

 

しかし、甲状腺乳頭癌のリンパ節転移に限っては、他の癌の意味合いとは

 

だいぶ異なります。

 

 

乳頭癌でリンパ節転移している人はとても多いケースです。

 

そして、乳頭癌についてのリンパ節転移が認められてもその後の予後に変化はありません。

 

 

乳頭癌の10年生存率が90%以上なのでリンパ節転移していても生存率は90%以上、ということになります。

乳頭癌手術後の声トレーニングについて

 

甲状腺は声帯のある反回神経のすぐ近くにある器官です。

 

 

乳頭癌の切除手術で声帯を傷つけてしまう確率は1%以下と

 

とても低いのですが、たとえ声帯を傷つけていなくても、敏感な箇所なので

 

手術後声が出づらいことがあります。

 

 

私も例にもれず数か月間は声が出しづらかったです。

 

 

術後半年ぐらいで通常の声に戻りましたが…

 

 

当時入院・手術した病院には用意がありませんでしたが、

 

今では甲状腺専門病院を中心に、声のトレーニングを設けている

 

病院もあります。これは患者さんの術後のQOLを考えてのことです。

 

 

もし手術後に声が枯れてしまった、声が出しづらい、などの症状で悩んだら

 

医者に相談して声のトレーニングができないかどうかを打診してみるといいですね。

 

 

少しでもストレスは減らしていけるようにがんばっていきましょう。

 

関連ページ

甲状腺乳頭がんの症状
甲状腺乳頭癌の症状や特徴はあるんでしょうか。甲状腺乳頭癌は甲状腺癌の90%を占める癌です。乳頭癌の特徴や自覚症状、手術後の予後についてまとめました。
甲状腺乳頭癌の生存率
甲状腺乳頭癌の生存率はどのぐらい?甲状腺癌は性質のおとなしい癌のため、生存率を10年単位でみていきます。今回は乳頭癌の生存率を中心にお話していきたいと思います。
甲状腺乳頭癌の予後
甲状腺乳頭癌の予後はどのような状態なんでしょうか?実際に乳頭癌になり手術をし5年経過している私の実体験を詳細にお伝えしていきたいと思います。
甲状腺乳頭癌の予後が悪いケースってあるの?
このサイトは甲状腺がんの症状、治療法、薬、予後など甲状腺がんのすべてを詳しく説明し、患者さんや家族が必要以上に悩まないように情報をお届けするサイトです。また癌になりにくい体質になる情報も紹介しています!
甲状腺乳頭癌の手術時間はどのぐらい?
甲状腺癌の手術時間はどのぐらいかかるのでしょうか?乳頭がんの手術をした私が当時の経緯を詳しくお話します。
甲状腺乳頭癌の細胞診って何?
甲状腺乳頭癌の確定診断は細胞診が最終的な判断となります。細胞診ってよく聞かれますが、どういった検査方法なんでしょうか?また甲状腺乳頭癌の検査の流れも詳しくお伝えします。
甲状腺乳頭癌はリンパ節転移するの?
甲状腺乳頭癌はリンパ節転移ってするんでしょうか?リンパへの転移、とだけ聞くと、とても重大な症状のように思えますが、乳頭癌にいたっては特段重篤でもないし予後もいいのです。
甲状腺乳頭癌の再発予防はどうしてる?
癌と聞くと再発や転移が怖いですよね?いくら性質のおとなしい癌といわれている甲状腺乳頭癌でも、私はしばらく再発の不安におびえていました。しかし、免疫細胞BAK療法に出会ったんです!