甲状腺がんの治療後の傷は目立つ?

甲状腺がんの手術跡って目立つの?

 

 

画像は、私が実際に甲状腺乳頭癌の手術後、約5年経過した

 

傷あとです。

 

 

手術してから5年も経つとさすがに、傷も薄くなってますね…

 

 

では手術後の直後、一か月後、半年後、一年後はどうなんでしょうか?

 

 

私の感想を述べたいと思います。

手術後一か月の傷あと

今になって、甲状腺乳頭癌の手術直後の

 

傷あと写真を残しておけばよかったと後悔(´・ω・`;A)

 

 

当時、こういったブログを書こうとは

 

思っていなかったんですよね(汗)。

 

 

でも、今になって、甲状腺癌に不安になっている方が

 

いるのなら、少しでも経験者としてブログが役に立つのなら、という思いで

 

このサイトを立ち上げました。

 

 

と、前置きが長くなりましたが、

 

 

甲状腺癌の手術痕は、やっぱり手術直後が一番目立つ!

 

 

手術直後の傷跡は、赤い・ギザギザ。

 

 

こんなイメージ。

 

 

日常生活は、退院後すぐに送れます。

 

 

しかし、傷は目立つ。そんな感じ。

 

 

私は、やっぱりご近所さんやママ友には知られたくなくって

 

手術後しばらくはショールを巻いていました。

 

 

2011年1月の手術だったので、真冬。

 

首元にショールを巻いても特に不自然ではなかったはずです。

 

 

 

・・・夏の場合は日焼け対策グッズでうまく首元を隠せば

 

一番不自然ではないかな?

 

 

「日焼けしたくない人なんだな」って周りには思わせておけばいいと思います。

手術後半年後の傷あと

手術後半年にもなると、

 

スカーフなしでもだいぶ目立たなくなってきました。

 

 

手術してくれた耳鼻咽喉科の医者も、

 

「首のシワとなじむようにしておいたから〜」

 

 

なんて言ってました。

 

 

首のシワは誰にでもあるし、中年の私には、

 

結構目立つ首のシワがあります笑。

 

 

おかげ様で?手術後の半年後ぐらいには

 

手術痕はだいぶ首のシワとしてなじんでいました。

手術後一年後の傷あと

 

写真は甲状腺乳頭癌の手術を受けて5年後の画像です。

 

 

つまり今の私。

 

 

一年後でなくてすみません…

 

 

ただ、個人的な感覚ですが、手術痕は一年後も五年後も

 

あまり変わりがないような気がします。

 

 

もう、元々ある首にある横に伸びるシワと一緒なイメージ。

 

 

甲状腺乳頭癌の手術後半年後にはショールは外して

 

生活していました。

 

 

手術後半年後は、傷あとを見て「あれ?」と

 

思う人もいたかもしれませんが、案外聞いてくる人はいませんでした。

 

 

自分だけが意識していたのかもしれません。

手術痕の外見を気にするだけでいいの?

 

手術後すぐの私は、

 

「傷が目立ったら嫌だなぁ…」

 

 

なんて、とにかく外見のことばかり気にしていました。

 

 

でもしばらくすると、このままの体質でいいんだろうか?

 

って思うようになったんですね。

 

 

甲状腺癌だとわかる前の私は、

 

・すぐに疲れる

 

・低体温

 

・風邪を引きやすい

 

 

明らかに虚弱体質。免疫力も低過ぎ。

 

 

なんだか病気になるべくしてなったような気さえしていました。

甲状腺乳頭がんは身体からのSOS!

甲状腺乳頭がんになると、次はもう癌になりたくない、

 

こう強く思います。

 

 

だって、家族に心配をかけるし、何より自分も恐怖心を味わいます。

 

 

でも、いくら病院で薬をもらっても自分の身体が強くならなければ、

 

それは表面上のその場しのぎ。

 

 

どうにかして、体質改善できないのかなって思うようになったんですね。

 

 

そう思っていた矢先、次はなんと「甲状腺機能低下症」になってしまったんです。

 

 

後からわかったことなんですが、甲状腺癌経験者は

 

甲状腺が片方ないか全て摘出しています。

 

 

どうしても手術後甲状腺機能低下症になりやすい患者が多いそうです。。

甲状腺を正常に戻す究極の方法とは?

 

甲状腺は女性が病気になりやすい統計があります。

 

 

それに私は甲状腺癌も経験しその後機能低下症にもなりました…

 

 

これは、何とかして甲状腺を少しでも正常にできる方法はないものかと

 

必死になって探しはじめたんです。

 

 

すると、やっととある身体に良い成分で甲状腺を回復させてくれる、

 

という研究発表に出会うことができました。

 

 

私の甲状腺回復体験記を以下に詳しくお話しています。

 

 

ぜひ一度チェックしてみてください!

 

関連ページ

甲状腺癌手術痕の画像|私の場合
甲状腺癌の手術痕はどのようになっているんでしょうか?実際に私は甲状腺乳頭がんの手術をしました。その後の経過として、手術痕を画像で紹介したいと思います。
甲状腺の手術痕を残さない方法ってあるの?
甲状腺癌の手術は、傷跡が十cm単位の傷になることも珍しくなく、手術後の後遺症が残る人もいます。患者のQOLを考慮して最近では内視鏡手術で甲状腺の手術を行い、手術痕を3cmほどにできる手術方法があります。
甲状腺癌の手術痕を隠すためにネックレスはどうだろう?
甲状腺癌の手術痕を隠すために、みなさんとても工夫しているようです。例えばネックレス。スカーフでもいいんですが、夏は暑いですよね。。そんな時、ネックレスで手術痕を隠すことができます。